スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

しみじみ思った。

普段、私がちびかとお風呂担当を、メガネが寝かしつけ担当をしている。

で、メガネが寝かしつけられてしまってなかなか起きてこなかったり、
メガネが寝かしつけから帰還してお風呂に入ってる間に私が寝落ちてしまったり、
毎日顔を合わせてはいるのに、何故だか、ゆっくり話す時間はない。

そこにPMSの死ぬほど眠いターンが重なったりして、
しばらく起きて顔を合わすのが難しくなったりして。

なので、久しぶりにお互い起きている時間が重なったりすると、
「わー、相談したいことがあったんだよ、あのねー」みたいになったりする。

それも、そんなに大したことはなくて、
「あれ、買うけどいいよね?」みたいなことだったり。
「あれ、行くのいつにする?」だったり。

この間も、そんなふうに、ふと2人の起きている時間が重なった時があって、
メガネが「ちょっと、小笠原の話してもいい?」と言い出した。
何、小笠原…マリみてじゃないよね?(懐かしい)

どうやら最近読んだ小笠原の歴史に関する本が面白かったらしくって、
それで知ったことをわーって話してくれた。

うん、確かに面白い(興味深い)けど、何故にそこまで面白いかは正直よく分からない…(笑)

メガネが読んでいる本は、いつも、これがそんなに面白いのだろうか…という本だったりする。
(社会的な問題に関しては興味が重なるんだけど、メガネの歴史好きの部分は全くよく分からんのだ)

でも、楽しそうでよかったなーと思って
なんだかニコニコした気持ちになってそれを聞いていた。

そういえば、メガネも、私が多肉の話とか、手芸の話とかで興奮していると、嬉しそうだ。
なんかよく分からんことを楽しんでいるオタク気質の人が好きというのはあるのだけれど、
でも、全然好きでもない人が、あんまり興味のないことを延々語っていても、
多分聞くのがしんどくてイライラするだけだろうし。
好きな人でも、自分の気持ちに余裕がなければ、やっぱりイライラしてしまうだろうし。
だから今、私はちょっと気持ちに余裕があるし、この人のことを好きなんだわ。
そう思ったら、しみじみ嬉しいなー、という気持ちが胸の中で広がった。
そんなことがありました。



↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

迷子になってたの。

お風呂に入っているときに、そういえば最近はよく喋るようになってきたし…と思って、前から気になってたことをきいてみた。

「ちびかちゃんさぁ、前はママのお腹にいたって知ってる?」
ちび「うん」
「お腹にいるとき、どんなんだったー?」

前にも似たようなことを書いたけど、生まれる前の記憶とかそんなに真剣に信じているわけじゃなくって、ただちょっと、どんな返答があるのかなぁと思って、好奇心で聞いてみたのだった。
スタンダードなところでは、「あったかかった」とか?「あそんでた」とか?「ねんねしてた」とかかなぁ??
↑以上、言い訳。

ちび「うーん」
…とちょっと考えて。
ちび「まいごになってたのー」
ちづ「まいご?!」

逆子になったとか言うこともないしなぁ…と思ったんだけど、ちびかさんは「うん」と割と真剣そうだった。

というか、ちびかさんは別に今までリアルに迷子になったこともないので、何かの記憶とごっちゃになってるわけでもないだろうしなぁ。
そもそも、迷子という語彙を知ってたのが不思議ー。

とか思って、これはもしかして、お腹の中にいる時のことじゃなくて、お腹にくる前のことなのかもしれないなぁと思ってみたら、ちょっと涙が出そうだった。
渦中にいる時は長く長く長く感じてた妊活時代、もしかしたらちびかさんはちょっと迷子になって、私たちのことを探してくれてたのかもしれない。

「ありがとう、迷子からちゃんと戻ってきてくれて」
って言ってぎゅっとしたら、
「へへ」って感じで笑ってた。
そんな風なことがあった。

ついでのお風呂ネタ。

…なんかすごく心外だ!って感じで怒られたのでした。
おっきいライオンちゃんのプライドを傷つけてしまったのでしょう。

それから、「ちっちゃいライオンちゃん」「おっきいライオンちゃん」と前置きをして「ガオーッ!」と吠えてくれるようになりました。
喋るようになって、ますます面白いです。
↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

おばけせんせいからの手紙


方針として「あんまり脅し手は使わないぞ」と思っているのだけれど、ちびかさんが、あんまりにも夜寝てくれないので、おばけの力を借りてみた話。

…一応、それまでに論理的な説得も試みたつもり。
「夜にちゃんと寝ないと、朝起きれないよ?」…うん、普通だ。
「朝眠いと、せっかくお外遊び行っても眠くて遊べないよ?」(保育園のその日のメイン遊びは大体午前中に行われるのである。)
「ちびかちゃん給食大好きでしょ?ねむねむになって、あんまり食べられへんよ?」(給食の後、お昼寝タイムなので、たまに「眠そうであまり食べませんでした」という日がある。)
「お休みなのにあんまり遊べなくて、お昼寝したらすぐ夜になっちゃうよ?もったいないよ?」

その時は「わかった?」と聞いたら神妙な顔で「うん…」というのだけれど、いざ夜の寝かしつけ時間になると、同じ絵本を何度も「もっかい!」と読むよう要求したり、しゃべったり、歌ったり、寝ている猫にちょっかいをかけたりして(しかも「おっきする~?」とか誘ったりしてタチが悪い)寝やしない。

朝の寝起きも悪くなるし、朝は我々も時間がキチキチであまり余裕がなく険悪になるので、ここは夜にしっかり眠っていただきたい。

そこで。
まずはオーソドックスに、「ねないこだれだ」作戦。
寝ない子ルルちゃんがおばけになって連れて行かれてしまうあの絵本。


ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)ねないこだれだ (いやだいやだの絵本 4)
(1969/11/20)
せな けいこ

商品詳細を見る



「ほら、ボンボンボンの時間だよ?」とかいうと、ちょこっとびびる。
しかし、もう、今までにも散々読んだのであんまり新鮮な効果はなく。

…むむ。さては、おばけになると具体的にどういうデメリットがあるのか分かってないな?
というわけで(なんかプレゼンみたいになっている)
「夜に遊ぶ子は、おばけになって、おばけ保育園にいかなあかんのよ?」
「もう、いつもの保育園の〇組さんじゃなくて、蜘蛛組さんやなぁ…。進級したら毒蜘蛛組さんかなぁ。もちろん、先生もおばけやしなぁ…怖いなぁ…」
などと具体的なイメージを話すと、ちょっとは効いたようだった。
(おばけ保育園のイメージは「おばけかぞくのいちにち」)

ここで、ちょっとこの設定が面白くなってしまった私。「おばけせんせいからのおてがみ」を書いてみることにする。
ちびかさんが、最近帰宅時にポストをのぞくのが好きなので、あらかじめ入れて仕込んでおくのだ。

~帰宅
「あれ、ちびかちゃんにお手紙きてるよー」
「!!!ちびかちゃん!おてがみ?!!(’▽’)ノ☆」
…あ、やべ、思ってたより嬉しそうだ。良心がチクリと痛む。しかし、もう引き返せない。
「…あ、おばけせんせいからだわ!」
「おばけ…」
手紙のおばけを見て固まるちびかさん。





お家に帰って膝に乗せて読んであげると、反応は薄いものの、ちょっとショックだったのかも??と反省してしまった大人。
フォローとして、すぐさま次の日に追加のお手紙を発行することに。
(この日の誤算は、予想してなかったしまじろうの手紙が届いていて、そっちに注目を集めてしまったことだ…。しまじろうめ。)

「あ、またちびかちゃんに手紙きてるよー!」
「おばけ…ないてる!!!おばけないてるねぇ!」
(前は「えーんしてる」とか言ってたのに、いつの間にか言葉が発達してるなぁ…。)





おばけせんせいのタッチが全然違う適当っぷりなのだが…。きっと大丈夫。バレてない。

「おばけせんせい、やっぱりちびかちゃんが、ちゃんと夜にねんねしてるの見て、おばけ保育園に来てもらうのあきらめたんやってー」
…と話すと、ちょっと納得していたようである。ふぅ。フォロー完了か?
一応その後も「おばけせんせいと約束したよね?」など言って活用しているのであった。

そんな風な、おばけ騒動。
不思議なのは、そうやっておばけにビビるそぶりを見せながらも、おばけの絵本とかは大好きなんだよねー。不思議。

「おばけかぞくのいちにち」とか、「おばけのばむけ」とか読んであげたら喜んで、何回も読んで欲しがるし。
「怖い」と「気になる」は紙一重なのかな。子供心も複雑だなー。


おばけかぞくのいちにち さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも傑作集)おばけかぞくのいちにち さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも傑作集)
(2006/07/15)
西平 あかね

商品詳細を見る


おばけのばむけおばけのばむけ
(2009/07)
佐々木 マキ

商品詳細を見る



↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

はじめての一泊出張

先日、初めて1泊で出張に行ってきました。
ちびかさんと、こんなに長距離&長時間離れたのは初めてで、当日まではもう不安で心配で悪い妄想ばっかりしてしまう私。
(これでも、心配性は、ちびかさんの成長に伴ってかなりマシになってきたのだけれどな。)
当日の朝になってやっと、もう腹をくくったのか、ちょっと落ち着いた安心した気持ちになって出発することが出来ました。

そんなわけで、4:30!に無理やり起きて私が旅立った朝、ちびかさんは、むしろメガネさんを先導するような感じで、ブイブイと保育園に行ったそうな。(普段は、起きるのをぐずったり、着替えやおむつ替えも拒否ったりするんだけど、とっても協力的だったそう。)



↑メガネカバンから小難しそうな本を取り出して開き、
「ママ、トトロいきました。ママ、トトロいきました。おしまい」と言ってパタンと閉じたそう。
東京=トトロ?自分の中で音が近い言葉を探したらそうなったのか。おもしろいな~。

2日目の朝は、起きだしてリビングとかトイレとかに私を探し、いないと分かると泣き崩れてたらしいのだけれど…(涙)それもまぁ、アンパンマン見たりパンを食べてたら落ち着いてきたそうで。それ以外は大きな問題もなく、無事に帰ってきて再会することが出来ました~☆

2日目の22時ごろに帰ってくると、まだベッドで起きていて、ぬいぐるみをぎゅぎゅっとして遊んでいたちびかさんが、私を見つけるなりすごい笑顔でメガネちゃんを飛び越えて「ママー!!!!!!」と来たので、全くママ冥利に尽きました。そっから興奮してなかなか寝なかったけど…まぁ仕方ない。

なんかこういう風に大人が「大丈夫かな?オロオロ…」ってしているとき、ちびかさんはいつもより大人しかったり、協力的だったりで、「いい子」の場合が多い。普段、大人がふたりいるときの方が、安心してワガママを言ってるのかもしれない。それはそれでうれしいなぁと(渦中にいると困ることもあるけど…)思ったり。

そういえば、少し前からこちらの言う言葉がかなり通じるので、楽になってきました。
説得に応じてくれたり、泣いているときも、落ち着くのを待っていると、自分でちゃんと説明してくれる。
(例:朝に起きるのをぐずった時に「ちびかちゃん、もういっかい、ねんねする…!」など。笑)
前はもう、自分でもなんだか分からず泣いている感じだったのに、もう泣いていても、なぜ自分が悲しいのか説明できるのね…。すごいなぁ。

今回も、少し前から、「ママは、お仕事で遠くにいくから、メガネちゃんとお留守番しててね?朝起きて、メガネちゃんと保育園行って、メガネちゃんのお迎えで、ご飯食べて…(略)朝起きて…、もう一回夜にねんねする頃にママは帰ってくるからね?」と詳細な予定を何回も言い聞かせていたので、不安が軽減されたのではないだろうか?やっぱり、大人にも子どもにも、ちゃんとした説明って大事だよね。

全員が、いつもと違う困難に立ち向かって、ちょっとだけレベルアップした感じでした。(メガネさんなんか、「急に”テレレッテー♪ テレレッテー♪ テレレッテー♪”って3つぐらいレベルが上がった!」と言ってましたが…(笑))こういうことがあると、「パーティ」なんだなぁって感じがします。

----------------------

そういえば、職場の人には「お母さんに見てもらってるの?(^^」とよく聞かれました。
えー。。。そして、「あ、相方が」(最近よく相方という言葉を使っている。便利なんだもん)と言うと、
「え!すごいねぇ。子煩悩なんやね」とか言われた。子煩悩ってなんじゃい。
きっと夫の人が出張で妻と子だけ残っててもそんなこと言われないんだろうなぁ。変なのー。

もし、これが「相方は女性なんです」って種明かし(?)をしたら、「あーじゃあ(納得)」ってなるんだろうな。
やっぱり、変なの!

----------------------



ちびかさんは2月生まれなのだけど、1月半ばくらいから
「もうすぐ2さい!」っていうのをすごーく意識し始めて、
「ちびかちゃん、いまは1さい。もうすぐ2さい!」ってずーっと言ってる。
こないだなんか起き抜けに言ってた。

保育園の1月の誕生日会でも、
「たんたんたんたん、たんじょうび~。ちびかちゃんの、ちびかちゃんのたんじょうび~」
と歌っていたらしく、「ちびかちゃんは来月ね。次ね」と言われていたそうな。

そんなに楽しみか!
今まで、「まだあんまり分かってないしな~」と行事ごとに本腰を入れていなかったのだけど、
ちょっと本気出して行かねば。どうしよう…と思っているこの頃なのでした。
↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

年末年始あれこれ

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



多分新年だけやたら更新が多いのは、3日坊主的なアレです。

去年の年末にも、毎年恒例の家で忘年会をしました。
…特に特別なことも、martで見るようなすごいおもてなしもしない(できない)んだけど、友だちが来てくれるっていうのは嬉しいなぁ!と思った。
しかも、子どもと遊んでくれるなんて!
ちびかさんも嬉しそうで感謝感激でございました。ありがとー!

それでから、大晦日と元旦はそれぞれ(ちびかさんは私と一緒に)実家に帰る。
なんかねぇ、毎年この状況にモヤモヤするんだけど。しかもうちの実家が淡白すぎて元旦の昼過ぎには家に帰らされるので、子どもと2人ぽつねんとする感じが、年始早々ブルーなのであります。

でもめったに実家にも帰らないし(近いのに)、メガネ家もうちもお互いに祖父母が楽しみにしているようなので、なんとなく期待に応えたくなってしまう(The 長女気質!)。
2人とも、親からの扱いが「未婚の娘」のようなのがきっとモヤるんだよね。なんかね。もし結婚してたら「帰ってくるよね?」とは扱わんだろうっていうのが(特に娘の場合!)ね。ううむ。

ちびかさんがもう少し大きくなったら考えるか…と問題を先延ばしにしているのでした。
かるたとか、百人一首とか、すごろくとかしたい!
でも大っきくなったら、一緒に映画とか初売りに行ったりしても楽しいかもしれん。

で、2日にメガネが帰ってきて、一緒に録画してた紅白をだらだら見たり、初詣に行ったり、お休み気分満喫。

今年は、最終日に京都水族館に行きました。
年末は私が体調を崩して、お出かけらしいお出かけは出来なかったし、どっかに…!と思って急に。
最終日なんて、次の日からの通常運転に戻るためにのんびりゆったりしなきゃあ!な予備日みたいなもんだと思っていたのに、行ってみると気分転換になって、メリハリがついてよかったです(´∪`*)

ぎゅうぎゅうにいるオオサンショウウオにびびったり(岩みたいなのに、急に動くから)。
イルカのショーをみたり。
チンアナゴを見たり!!!←大好き。
クマノミの赤ちゃんを見たり。
オットセイやアザラシをみたり。
ペンギンが巣穴でヒナをあたためていて、可愛かったり(多分番が巣の外で順番を待ってるのが、いいなぁ!と)。
満喫した。

帰りは大宮までダラダラ歩きました。
しかし、その後は、新年早々また体調を崩しています。あああ!今年は健康!健康になりたい!

というわけで、どうぞよろしくおねがいいたします。
↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
プロフィール

chizch

Author:chizch
30代レズビアン。3歳年下のメガネさん/3歳児ちびかさん/シニアなオス猫3匹と暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ -読んだ本-
ランキング
ポチっていただけると喜びます



にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。