スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

The Great Big Book of Families - 本棚より

2冊目。これは英語の本です。
英語の本もAmazonで気軽に買えるって、便利な世の中だなぁ!と、数十年前?かなぁ。こういう系統の本を欲しいなぁと思って手に入れられなかった事を考えると驚くわー。


The Great Big Book of FamiliesThe Great Big Book of Families
(2015/03/15)
Mary Hoffman

商品詳細を見る


というわけでこれ。
英語が全然得意じゃないので(絵本だから簡単なもんなんだけど)ニュアンスが間違ってたらすみません。。。

最初に、「少し前まで、本に出てくる家族はこんな感じでした」といって、
ちょっと古そうな絵本に「1人のお父さん、1人のお母さん、1人の男の子、1人の女の子、犬と猫、庭付き一軒家」の絵が描かれ、「でも、実際の家族はもっと多様です」って感じで話が進みます。

最初は「家族」のページ。
「多くの子どもはお父さんとお母さんと暮らしています」←ちなみにこれには絵がない…。
「でも、他の多くの子どもはお父さんだけやお母さんだけと暮らしていたり、おじいちゃんおばあちゃんと暮らしていたり、2人のお父さんやお母さんと暮らしていたり、養親や里親と暮らしている子もいます」
と、色んな家族の絵が出てきます。
全ページ、ぐるっと細かい絵が描かれていて、これも可愛い。

で、ページごとに
「誰が家族にいるか(おじやおば、曽祖父がいる家族もあれば、とっても小さい家族もいて、2人いれば家族だよ!)」

「住まい(大きな家も小さな家も。小さな家族が大きな家に住んでたり、大きな家族が小さなアパートに住んでいたり、住む場所が見つからない家族もあります)」

「学校(多くの子は学校に行くけど、ホームスクールで学んでる子もいれば、学校に行きたくない子もいるし、学校に行くには小さすぎる子もいる)」

「仕事(皆が働いてる家も、1人が働いてる家も、自宅で仕事してる人も、失業中の家もある)」

「ホリデーの過ごし方」

「食べ物(自炊する家も、出来合いを食べる家も、マーケットで買い物する家も、自分たちで育てている家もある)」

「衣服(新しい服も、お下がりも、着飾るのが好きなのも、ずっとジーンズでいい人も、好きに着たらいい)」

「ペット(ペットを飼ってて、ペットが家族に似てくる家も、ペットはいないけど夢に出てくる家も)」

「お祝い」

「ホビー(一緒に楽しんだり、各自楽しんだり)」

「移動手段」

「感情」
ここが一番いいなぁと思って、「感情を分け合う家族もいれば、シャイで自分の気持ちを自分のうちにしまっている家族もいるし、家族の中で違う気持ちになることも、気持ちがすぐに変わることもある」
…的なことが書いてあって、なんか「家族はいつでも仲良し!一緒に笑いあってる!」だけじゃないところがいいなぁと思ったのでした。

最後には、「家族は、大きかったり、小さかったり、幸せだったり、悲しかったり、お金持ちだったり、貧乏だったり、、、と色んな状況があるよ、あなたの今日の様子はどんな感じ?」
みたいなことが書いてあって、
イラストも、怒られてたり、家族全員がしょんぼりしてたり、喧嘩してたり、というので、そこがいいなぁと思ったのでした。

裏表紙のこのイラスト↓


家族って本当にいいことばっかりじゃないし、どうも「家族バンザイ!」ばっかりを聞かされると「じゃあバンザイ出来ない私が間違ってるの?悪いの?」と感じてしまうので、そうじゃない家族本っていうのがいいなぁ!!!!と思う。

あ、L母的には、最初のところに「2人のお母さん…」と書かれているのももちろんなんだけど、その後に出てくる色々なイラストの中にも当然2人母や2人父らしい絵や、1人親らしい絵なんかも出てくるので、そこもいいなぁと思う。
ワンコーナーで紹介しておわりじゃなく、特別なことじゃなくてフツーに色んな家族の中に含まれているんだよって感じがね。

あと、あんまり詳しくないんだけど、人種とか宗教的にも多分多様なところを書こうとしてるんだ…と、思う。

細かいイラストがいっぱい描いてあるので、そういうのが好きな私には嬉しいというのもある。細かく見てると楽しい!

英語なので、あんまり読み聞かせには使ってないんだけど、もうちょっと大きくなったら読んでもいいなぁ。
(今のちびかさんは、絵本で聞いた言葉を自分が理解できてるのが楽しそうだったり、それを話してみるのもすごく楽しそうなので、英語の本は読んでないのですー)
Amazonで見たら、中国語とかイタリア語とかフランス語(だったかな…ごめんなさい、適当)なんかも出てきたので、日本語の翻訳も是非是非にあったらいいのになぁ!と思うよ。

海外にこういう(色んな家族がいるよ的な)絵本が多いのは、多様な家族が顕在化しているからなんだろうなぁと思う。当事者の子供にとっても、あとは学校とかで色々な家族の子供と接するからというのでも、必要だよね。

ではまた!
多様な家族の本だけだったらすぐに底をつくので、他にもちびかさんが好きな本を書いたりしたいなーとか思ったりしています。多分。
スポンサーサイト

↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

いろいろかぞく/本棚より

ちびかさんの本棚がいっぱいになってきたので、
時々紹介出来たりしたらいいなぁと思って急に書いてみます。
特にいろんな家族がでてくる本とか、ぽつぽつ買っているので。
そうじゃない本も色々と。

1冊目は結構いろんな機会に紹介しているので、もうご存知の方もいらっしゃるかもですが。

「いろいろかぞく」

いろいろかぞく―トッドのえほんいろいろかぞく―トッドのえほん
(2005/12)
トッド パール

商品詳細を見る



大きいかぞくや、小さいかぞく。
騒がしいかぞくや、静かなかぞく。
いろんなかぞくが出てくる中に「パパふたりママふたりのかぞく」も出てきます。

fc2blog_20150102213315353.jpg

このページになると、下の2人をさして
「ママー!めがねちゃーん!」というちびかさん。
そうだよねぇ、メガネだし、髪の毛長いし、
下がパパ2人だなんて決まっちゃいないよねぇ。
上がパパ2人である可能性もあるよねぇ、と
大人の先入観を指摘されたような気持ちになる。

他にも、「おなじ色のかぞくもいれば、別々の色のかぞくもいる」し、
「別々のご飯を食べるかぞくもいる」(宗教的な理由とか色々かなぁ?)
「はなれてくらすかぞくもいる」とか、
「パパかママどちらかひとりのかぞく」ももちろんいるし、
「ままはは ままちち ままっこかぞくもあれば、もらいっこかぞくもある」って、
こりゃまたえらいスッキリした言葉で紹介したな…!というのもあり。

線がはっきりしてシンプルな絵や、カラフルな色もちびかさんにうけたようで、
読むと、結構ノリノリで聞いてくれます。
騒がしい家族の「るるるるる!」とか「おおおおお!」とか言うとこもお気に入りでマネしてる。

ただ、残念なことに日本語の本は絶版になっていて、
古本でもとっても高騰してしまっているので、
下の英語版をオススメします!安いし。
子ども向けの本で英語もカンタンなので読み聞かせもしやすいかと。

でも英語の本だったらこの手の本は沢山あるんだけど、
日本語で出版されている本、っていうのが貴重で嬉しくもあるので、
再販されたらいいのになぁ!




The Family BookThe Family Book
(2010/05/01)
Todd Parr

商品詳細を見る


ただ、全編「かぞくだいすき!かぞくはたすけあってる!」って話なので、
そこがちょっと気になるというか、引っかかる所ではある。

何か、私が作るんだったら、きっとそうは出来ないな…。
かぞくに助けてもらえなくて、家の中で心が安らげない子も、
本の中に自分を見つけられるような絵や文を、
どこかに入れられたらいいのになぁ…と思う。ううむ。難しいことだねぇ。

それでは(次がいつになるか分からないけど)また!
↓参加しています↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
プロフィール

chizch

Author:chizch
30代レズビアン。3歳年下のメガネさん/3歳児ちびかさん/シニアなオス猫3匹と暮らしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブクログ -読んだ本-
ランキング
ポチっていただけると喜びます



にほんブログ村
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。